フォークリフトの運転資格を取得するとこんなに就職の幅が広がる

フォークリフトはみんなの生活を支える身近な重機

フォークリフトが活躍している現場は?

フォークリフトを使用するお仕事にはどのようなものがあるでしょうか?
一般には工場や物流倉庫、港や空港、貨物ターミナル、建築資材を扱う現場などがあります。
業界で言えば、広く物流系から鉄鋼、建築関係、自動車などの機械メーカーから木材加工などが一般的にフォークリフトの使用が多いとされている業界です。
それ以外にも、例えは食品会社の倉庫でも使用されていますし、食品に限らず倉庫を持つ企業であれば必ずと言っていいほどフォークリフトは使用されています。
生活の中で直接触れることはありませんが、私達の生活に繋がっているんです。
フォークリフトの資格を持っていると、幅広い業界のお仕事に関わる事ができて、就職口を探す上でも非常に有利であると言えます。

フォークリフトの運転には必ず資格がいる

フォークリフトの運転には必ず講習を受けて資格を持っている人が運転する必要があります。
操作自体はシンプルで簡単に見えますので、例えば、職場の誰か一人が免許を取得していれば良いというわけではありません。
実際、やろうと思えば、現場のスタッフ同士で運転技術や操作方法を教えあって、フォークリフトの運転だけならすぐに覚えてしまうこともできるかもしれません。
しかし、操作はシンプルであっても資格のない人が運転しては違反になります。
運転する際は、安全を確保し、周囲を確認しながら運搬する荷物にもダメージのないように細心の注意を払う必要があります。
資格がないまま運転していた場合、運転した本人だけでなく、その従業員を雇っていた会社にもペナルティが課せられます。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ