フォークリフトの運転資格を取得する場所

フォークリフトの運転資格を取得するとこんなに就職の幅が広がる

フォークリフトはみんなの生活を支える身近な重機

フォークリフトはどのような業界で使用されているでしょうか? また、運転には資格が必要なのでしょうか? 資格が必要であった場合、どのように取得することができるでしょうか? グローバルで多岐に渡る職業の中から、職業を選択する際、技術や資格を持っているというのは大変な強みとなります。

フォークリフトが実際に使用される現場

フォークリフトは実際どのような所でどのように使用されているでしょうか? 様々な業界で活躍するフォークリフトの仕事現場を少し覗いて、どのように働いているのか見てみましょう。 もしこれからお仕事を探される方でしたら、その働くイメージを掴んでいただけると幸いです。

フォークリフトの資格を取得するには?

フォークリフトの運転資格は運転技能講習をしている教習所などで取得が可能です。 18歳以上の方なら運転免許を持っていなくても取得することができるので、割と短期間での取得が可能な資格です。 これから免許の取得方法について、一緒に詳しく見ていきましょう。

フォークリフトが使用される業界や資格の有無

みなさん、フォークリフトはご存知ですか?
名前を聞いてピンとこなかったとしても、普段の生活の中で目にする機会はあるのではないでしょうか?
ブルドーザーやショベルカーのように1人用の運転座席がついており、ブルドーザーなどに比べるとコンパクトなサイズです。
窓はないが座席の周りは頑丈な枠で囲われています。
座席にはレバーやハンドル、ブレーキ、アクセルなど操作に必要なシンプルな装備がついており、4輪のタイヤで走行する乗り物です。
ショベルカーは車体のフロント部分にショベルがついていますが、フォークリフトの場合はフロント部分にアルファベットのLという文字の形をイメージするような、平たくて真っ直ぐに伸びたリフトがついています。
フォークリフトの主な使用目的は重量物の運搬ですが、重たい荷物や資材を短い距離だけ移動する際に用いられます。
例えば、500キログラムの機械パーツを倉庫の保管棚から取り出してトラックの荷台に乗せる作業に使用されたり、建築現場などでトラックが運んできた資材をトラックから降ろして実際に使用される現場まで運ぶ作業に使用されます。
フォークリフトで公道を走ることもできますが、あまりスピードが出ない事と、使用目的が短距離間の重量物の運搬であるため、あまり一般の道を走っているイメージはありません。
割と注目を浴びることが少ない専門的な現場の裏方として活躍することが多いイメージですが、フォークリフトはなくてはならない非常に重要な役割を果たしています。